投資のヒント

投資を始めるタイミングが分からない?自分に合った投資方法を選ぶ!

こんにちは、川畑です。

日本人は、欧米人に比べ自立性が低めだと言われています。

「周りの人の気持ちを考える」「場を読む」などの文化や教えがあるからでしょう。

その文化は、もちろん良いところなのですがそれによって、自分を後回しにしてしまう傾向があります。

自分に合った投資方法を選ぶこと!


自立性とは、1人で生きていくことを好むということです。

そして、投資をするには、この「自立性」が必要だと、私は考えています。

自立の対義語は「依存」です。

投資をする上では「依存」はとても危険です。

なぜなら、投資に欠かせないのは「決断」だからです。

投資判断を「依存」していてはお金を減らしてしまいます。

誰かに投資判断聞いている内に手遅れになってしまうこともあります。

また、そもそも判断ができないのでしたら、そういう投資は向かないということです。

投資には、さまざまなタイプがあります。

あまり投資のタイミングを気にしないでできる方法もあります。

自分の性格をよく理解してどんな投資が向いているのか

自分に合った投資をするとストレスがありません。

もちろん、ある程度の「自立性」は、必要です。

だって、幸せは待っているだけでは、手に入らないからです。

自分から積極的に幸せになることを選択することなんです。

投資は、持って保有していればよいということでは、ないのです。

もちろん、常に判断を要する投資もあれば数か月は、ほったらかしにしていても問題ない投資方法もあります。

自分に合った方法を選べばよいのですが、その「選択」は、あなた自身でしか選べません。

ここを依存してしまうと、大変なことになってしまいます。

できない理由を考えるのは時間の浪費!


私が過去、雑誌の広告営業部でNo1営業マンだった頃は
1人では、とてもやりきれない量の仕事をしていました。

月に2回発行の雑誌では、編集部でも16ページを毎月編集するのが普通なのに
私は毎号16ページ、月に32ページもの広告を入れていました。

でも私は「そんなこと、できるわけない」と思ったことは、ありませんでした。

当時の私の口癖は「やっていれば必ず終わる、終わりのない仕事はない」でした。

あまりにもの仕事量で、尻込みするのではなく
「とにかくヤル!」と、ひたすら仕事を続けていました。

通常では、考えられない仕事量ですがやっていれば、終わったのです。

「できない」という言葉は私の中にはなく「どうしたらできるのか?」
それだけを考え、淡々とやり続けたのです。

なので投資をはじめた時も「できない」という気持ちはありませんでした。

不安に思うのでしたら、それを払しょくできるくらい調べました。

雑誌の編集をしていたので調べることだけは、得意でしたからね!

「そんなこと、できるわけない」

そう考えてしまうと、1歩も進めなくなります。

「どうしたら、できるか?」

それを考えて欲しいのです。

貯金がゼロ円でも、どうしたら貯蓄できるのか考えれば、何かしらのアイディアは浮かびます。

「なぜできないのか?」

私はそんなことは、考えませんでした。

だって、できな言い訳を考えても誰も手伝ってくれません。

仕事を渡すということは、売上も渡すということですからね。

できない言い訳を考えたりする時間の浪費の方が

とても、もったいないのです。

投資を始めるタイミングがわからない


よく質問される
「投資を始めるタイミングがわからない」
に、ついてお話します。

投資未経験者は、株価急上昇のニュースを見ては
「ああ、乗り遅れてしまった」と感じで、
今の新型コロナウィルスの影響で株価が下がれば
「今買ったら損するだろう」と考え結局、投資を始められなくなってしまいます。

投資とは、未来を予測してお金を投じるものなので、明確な答えは、はじめからありません。

投資とは、そういうものでリスクを取った人がマイナスを耐えることで、将来利益を得られる可能性があるかもしれない、という感じです。

明確な判断基準は、ありませんので一度に有り金を全部つぎ込むものでは、ありません。

私は、時間と資産の分散をすることをずっとお伝えしています。

拙書「9マス分散式ではじめる積立投資信託」は
http://bit.ly/37U32gY

時間の分散と資産の分散を解説したものです。

少しずつ時期をずらして買うことで、一度に相場の波にさらされるリスクを減らすことができます。

また、資産の分散をすることでどんな経済になってもプラスになっている資産を保有することができ
「使えるお金」を一定額キープできます。

株の方が大きく増えるからと言って資産のほとんどを株にしていたら

使いたい時に使えなくなってしまうのです。

株価が下がっていたら、損を確定して使うことになりかねません。

投資する期間は、ながくにればそれだけチャンスも増えるものです。

でも投資にチャレンジできない理由に

「投資するお金がない」を上げる人が最も多いです。

投資信託でしたら、100円から購入できますので毎月3000円ほどあれば

資産も分散でき、少しずつ増やしていくことは可能です。

人間の脳はネガティブに考えがち?


人間の脳は「ネガティブ」に考える性質をご存じですか?

脳は、危険を回避するために、未知なものやいつもと違う事をするのを嫌う性質があります。

いつもと違うことをするのを嫌うので三日坊主は、当たり前なのです。

なので、意識的にポジティブに考えることが大事です。

我が家の子ども達も、「どうせ〇〇だから、ダメに決まっている」などと、口にすることがあります。

大抵テスト前なのですが(笑)

そんな時は、過去にあった「ラッキーな出来事」を話すようにしています。

あなたは、ツイているから大丈夫!

そうマインドが変わるとネガティブ発想から抜け出せるのです。

ただし、ネガティブ思考は、投資をする時に必要な感情でもあります。

もしも株価が下がったら、と考え予防策を考えることも大事だからです。

ネガティブ思考は、あっても良いのですが
ポジティブ思考も受け入れる。

それが大事です。

こんな、ご質問いただきました。

————————————————————
「今、購入している銘柄でマイナスになっているのがあります。
このマイナスになっている時、マイナスが続く時、上がるのを待つのですか?」

————————————————————

マイナスになってしまうと不安ですよね。

その不安を受け入れて、さらにポジティブにも考えてみましょう。

今マイナスになっているということは積立で購入しているのでしたら

「安く買えている」ということです。

安く買えてラッキー、と思ってくださいね。

ずっとネガティブ思考でいるとマイナスが気になって、手放してしまうことになりかねません。

これからたくさんお金が必要になっていくからこそ、もっと真剣にお金と向き合っていく必要がありますよね。 そこで記事を全部読んでいただけたあなたには特別に、以前実際に3980円で販売していた「お金が貯まるようになる勉強会」の動画セミナーの一話分を無料でプレゼントさせていただきます。 無料メールセミナーとセットで、正しいお金との向き合い方を勉強していきましょう。